~悠久なる水の調べ~

声優さん好きの水凪(みなぎ)が綴る、日常と萌えとたまにレポです♪男性声優様★音楽ではSound Horizon&梶浦由記さんに愛を注いでおります!!そして絶賛ジンユノ祭中 ※プロフィールをご一読下さい※

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鋼の錬金術師 FESTIVAL'09 in パシフィコ横浜レポ♪ その3

すみません…昨日は寝落ちした後華麗に復活できなかった…><
私は超遅いレポなので目指せ!1週間以内!!がモットーです(爆)
衝撃的なOOイベント…。
冷静になって考えてみれば、ゴゴゴみたいな感じだとすると、
やっぱりソレスタルビーイングの4人なんだろうなぁ…なんて思ったり。
でも鋼イベントみたいに脇役まで呼ばれる可能性もあるんだろうなぁ…。
とにかく詳細待つしかないかな><
それにしても大晦日…関東でもちとキツイよ…

はいっ!駄文失礼しました!!
鋼イベント後半は、噂の…
グリリンラジオ♪
がありますのでっ!(≧▽≦)

それでは続きを読みたい方はGO!!(≧д≦)ノ

拍手もありがとうございます!(〃▽〃)





 
web拍手 by FC2










はいー!
そんなわけで!後半しょっぱなは…
「グリードと♪」
「リン・ヤオの♪」
「グリリンラジオ~♪」
と、言うわけで、なんとまさかのこの2人!!

知っている方もいるとはお思いですが、知らない方の為にちょっと説明!
鋼の錬金術師の新章ででてきたリン。
リンは不死になるための術を探しにきたのです。
その中で出会った『ホムンクルス』。
彼らは『賢者の石』を媒介に、何度死んでも生き返るという。
ホムンクルスであるグリードは『お父様』の命令に背き一度は『賢者の石』へと戻ったが、
色々あって、『お父様』がリンの体に『賢者の石』となったグリードを注入。
そうすることで、リンの体にグリードの意思と、リンの意思が混在(せめぎあい)するようになったわけです。

説明はこのへんにして、このコーナー…場つなぎらしいです(笑)
だってゆうきゃんとマモが(どちらが言ったか怪しいです><)
「なぜ僕たちがこのコーナーを任されたというと~」
「暇な2人だからです!!」
「このコーナーをやっている間に皆さんはご飯食べたり!トイレ行ったりするわけですよ!」
って言ってたんですもの(笑)
そして2人は一体どのように進行すべきかつかめておらず、
テンションだけは高かった(笑)そして、まず最初のコーナーは…
今週の、グリード大賞~♪
「今週から始まったグリリンラジオ!ラジオといえばメール!早速メールがたくさんきております!」
「告知していないのに!?」
「そうです!たくさん来ております!」
「強欲ですね~(笑)」
以後、この「強欲ですね~」は、このコーナーの定番決まり文句となります(笑)

「まず最初のお便りは…グリード大好きさんからです♪」
「ありがとぅ♪」
限定品に弱い
「あ~これは強欲か強欲じゃないかを僕が判断すればいいんですかね?」
「そうですね!」
「これは強欲…じゃないね!」
と、いまいちコーナーをつかめないまま進行(笑)そんなわけでサクサク進みます(笑)

「次のお便りは…グリード大好きさんからです!」
「ありがとぅ(笑)」
写真に写る時は常にセンター
「強欲ですね~!!(即答!)
だって目立ちたがり屋じゃないですか」
「ちなみに中村さんは?」
「僕は後ろの方でした」
…うん、そんな気がする(笑)
ちなみにここでマモがブログ用の写真を撮った話を♪
「ブログ用の写真を一緒に撮ったんですけど、こんな(再現)顔するんですよ!?」
とマモがした顔が…
今にして思えばゆうきゃんそっくりだった(爆笑)

「そして次のお便りは…グリード大好きさんからです!!」
「グリード大好きさんばっかじゃん(苦笑)」
「割り勘するときはキッチリ1円単位で」
「これは…強欲ですねぇ~
ちょっと1円単位のやり取りをマモとゆうきゃんが実演してくれました♪
するとスタッフさんからそろそろまとめてくれとの連絡が…><
「そろそろお時間になってしまいました」
と言うと、会場からはえー!!!!の声が!
「だってかなり押してるんだよ!!
削れるのはこのコーナーしかないんだよ!!」

と、ゆうきゃんが切ない裏事情を叫んでくれました(笑)




そして今度はドラマパートです!


①ロイ(三木眞一郎)・ヒューズ(藤原啓治)・リザ(折笠富美子)

ロイがイシュヴァールのことや色々なことをヒューズに語りかけます。
戦友同士の語らいでしたが、リザのロイへの呼びかけと共に、
風になって語り相手になっていたヒューズは消えてしまいます。
なんだかんだ悪態をついていてもヒューズはロイを見守っているんだなと思いました。


②スカー&ガーフィール(三宅健太)・ウィンリィ(高本めぐみ)・メイ(後藤麻衣)

これは…ギャグでした(笑)
三宅さんを中心に、両サイドに高本さんと後藤さんが立って生アフレコをするのですが、
三宅さんは2役!!
メイとの会話では、メイが連れているシャオメイ(パンダ)の姿を見ると、
かわいくって!抱きしめたい衝動に駆られつつもその気持ちを抑え苦悩するスカー(笑)
もぅ一方のウィンリィとの会話ではオートメイルの話をするガーフィール(笑)
2人に名前を呼ばれる度にキャラを切り替え!
それがどんどんテンポアップ!!
最終的に追いつけなくなった三宅さん…
「勘弁してください…」
(爆笑)
めっちゃ素です(笑)
「高本も後藤もさ…後から入った仲間じゃん…」
と、かなりいじけてました(笑)


③グリード(中村悠一)・リン(宮野真守)

リンの体の中で起こっているグリードとリンの会話?意地の張り合い対決っぽかったです(笑)
リンが
「僕は王子なんだ!」
と主張すると
「はっ!オレ、プリンス?(ムカツク感じで・笑)」
うわぁーグリードだ…って思った瞬間です(笑)
お互いこの体は自分のものだと言い張り、それならば公平にジャンケンで勝負!
となったのですが
「オレに敵うと思っているのか?この…
ホムンクルスジャンケンチャンピョンに一番近い男と言われたグリード様に!」

「……なんだそのホムンクルスジャンケンチャンピョンって…
アドリブはやめろっ!!!!!

ゆうきゃんアドリブだったんだぁー!!(笑)
ゆうきゃんもちょっとフフッって感じで笑ってました(笑)
で、ジャンケンをするんですが、リンがチョキで、グリードがパー。
グリードが負けたわけですが、負けず嫌いのグリード
「(意識だけで)なにを出したのかわからないんじゃ意味ないよな!」
というと
「お前はパーを出しただろ!!!」
リンがグリードが出したものを言い当てた!その理由が
「攻撃するとき手をガッ(パーにして力を入れ指がちょっと曲がる感じ)とするもんな!」
と(笑)

ジャンケンがダメなら今度は口で勝負!!2人の悪口対決です!(主に容姿)
「お前なんかツルツルじゃないか!!」
「はぁ!?」
「変身すると頭ツルツルになっちゃってさ!!
黒くてツルツルの奴は、大概
『イィーーー!!(○ッカー風)』とか
『アァーーー!!(やられたショッ○ー風)』
って決まってるんだよ!!」

「あぁん!?何が
『イィーーー!!(○ッカー風)』とか
『アァーーー!!(やられたショッ○ー風)』
だとこの糸目!!
糸目のキャラなんてファルマンとお前くらいだぜ!!!!

「ツルツル!」
「糸目!」
「ツルツル!!」
「糸目!!」
「ツルツル!!!」
「糸目!!!」
……思う存分言い合って、最後はフッと笑って、
こうなったからには付き合っていくしかない、もちろんこの身体を譲る気はないがな♪
って感じで終わりました♪


④エド(朴璐美)・アル(釘宮理恵)

スタッフさんが選んだシーンでもあり、
荒川先生が驚いたあの『真理の扉』のシーンの生アフレコです!!
これは本当に、朴さんの迫真の演技にただただ感動しました!!
アル…アルフォンス…!!
アルフォンスーーー!!!!

の叫び、会場が震えました!!




あとちょっとですが…
長いので次回に続きます><
もぅちょっとお付き合い下さいませ><
スポンサーサイト

| 声優イベント | 00:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。