~悠久なる水の調べ~

声優さん好きの水凪(みなぎ)が綴る、日常と萌えとたまにレポです♪男性声優様★音楽ではSound Horizon&梶浦由記さんに愛を注いでおります!!そして絶賛ジンユノ祭中 ※プロフィールをご一読下さい※

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
web拍手 by FC2

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

屋根の上のヴァイオリン弾き

友達から誘われまして、
個人的に自由くんの役者としての演技も見たいこともあって
屋根の上のヴァイオリン弾き
を観てきました!

ミュージカル自体は、
劇団四季、宝塚とを過去に観たことがあるのですが、
今回観劇したミュージカルは、
この2つとは全く違うものでしたね!
というのも、
四季にしろ宝塚にしろ
“その劇団の色”
がとても出てしまうんですよね。
よく言えば“らしさ”であり、
悪くいえば“個性…おもしろみに欠ける”という感じでしょうか?

主演は市村正親さん、鳳蘭さんだったのですが、
脇を固める方々もそれぞれ個性が強く、
観ていてとても楽しかったです!!
にしても市村さんの存在感は半端ないですねww
舞台上にとても惹きつけられました。

もちろん自由くんも可愛かったですよ!
というかかなり美味しい役でしたね!
ちょっと歌のところは物足りなさも感じますが、
一生懸命さが伝わってきましたvv
そして友達が身悶えてましたww


話の内容としてはユダヤ人が迫害される時代のお話なので、
最後はとても切ない終わり方なのですが、
過去においてこのような事は実際あったこと…
最後に考えさせられるストーリーになってました。

このようなタイプのミュージカルを観たのは初めてだったのですが、
四季や宝塚よりも多分私に合ってる気がしました。
また機会があったら色々な舞台やミュージカルを観たいと思いますvv

スポンサーサイト
 
web拍手 by FC2

| 舞台・ミュージカル | 00:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。